会則

(目的)
第1条 本会は会員相互の規睦と福社の向上を図ると共に、滋賀県及び交流団体との親睦を深め、その発展と向上に寄与することを目的とする。

(名称)
第2条 本会は長野滋賀県人会と称する。

(会員)
第3条 本会は長野県下に在住もしくは勤務する者で、滋賀県に関わりのある者並びにその縁故者で、本会の趣旨に賛同の上、入会したもの(以下「会員」という)をもつて組織する。入会手続きは本会所定の「入会申込書」に記入のうえ会長に提出する。

(事業)
第4条 本会は会の目的を達成するため各種行事を行う。
 一 本会会員親睦の為の各種行事 
 二 全国各地滋賀県人会への交流
 三 滋賀県の情報の伝達
 四 小口太郎生誕地交流事業
 五 その他本会の日標を達する為の事業

(役員)
第5条 本会に次の役員を置き、総会において選任する。
 一 会長 1名
 二 副会長 若干名
 三 理事 若千名
 四 監事 若干名
2 副会長のうち1名は、事務局長を兼務する。

(役員の職務)
第6条 会長は本会を代表し、会務を統括する。
2 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは、その任務を代行する。
3 理事は他の役員と共に会務を審議し執行する。
4 監事は会計を監査し、総会において監査意見の報告をする。

(任期)
第7条 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
2 補充役員の任期は前任者の残りの任期とする。

(会議)
第8条 役員会は会長、副会長、理事、監事をもつて構成する。
2 役員会の決議は出席役員の過半数をもつて決定する。
3 本会に相談役及び顧間を若干名置くことができ、役員会の議を経て会長が委嘱する。
4 相談役、顧間は会長の諮問に応じる。
5 本会は毎年一回定期総会を開催する。また、必要に応じて臨時総会を開催することができる。
6 総会の議長は会長が、これに当たる。
7 会長に事故あるときは副会長がこれに当たる。
8  総会の決議は出席会員の過半数の決議をもつて決定する。

(総会付議事項)
第9条 この会則に別に定めるもののほか、総会に付議する事項は次にかかげるものとする。
 一 事業報告書および収支決算書
 二 事業計画案および収支予算案
 三 会則の変更
 四 その他会長が特に必要と認めた事項

(年度)
第10条 本会の事業年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

(会費他)
第11条 本会の経費は年会費及び寄付金並びにその他の収入をもつて充当する。
1 年会費は一家庭3,000円とする。
2 本会則第5条に定める役員についての年会費は、前項の規定にかかわらず、次表に掲げる
金額とする。
 一 会長   10,000円 
 二 副会長  7,000円
 三 理事    5,000円  
 四 監 事   5,000円,
3 前2項の年会費の変更については、総会の議決を必要とする。

(その他)
第12条 この会則に定めるもののほか、必要な事項は会長が役員会により別に定めるものとする。

(付則)
1 この会則は長野滋賀県人会発足の日の平成14年12月1日から施行する。
2 本会の事務局は〒381‐ 2247長野市青木島1丁目17-3 丸山陽子方とする。

(付則)
1 平成23年6月12日一部改訂
(付則)
1 平成23年6月25日一部改訂