「西山里山の会」小口会長からのお手紙紹介

 長野滋賀県人会では、平成18年梅雨前線豪雨で甚大な被害を受けた岡谷市花岡区が、「琵琶湖周航の歌」の作詞者小口太郎氏の出身地であったことから、同区が取り組む災害復旧や「災害に強い森林づくり」に対して、これまで「森林の里親」として協力してまいりました。

 平成24年、同区は、区の森林づくりを推進する地域活動団体「西山里山の会」を立ち上げ、災害時区長であった小口瀇明さんが初代会長に就任され、区をあげて更に活発な取組を継続してこられました。
 今年1月、これまでの同区の地道な森林保全活動の功績が認められ、「西山里山の会」が、県の「長野県ふるさとの森林づくり賞」の知事賞を受賞されました。
 
 小口会長さんから、当会に対して、今回の受賞のご報告とこれまでの協力への御礼のお手紙が届きましたので、ご紹介します。
                                                    平成30年3月12日
                                                    長野滋賀県人会
                                                     副会長 千代 登

「西山里山の会」小口会長からのお手紙
クリックして拡大