マラソンとわたしの出会い 

 今から6年前の平成21年、主人が脳梗塞を患いました。私も健康に注意しなければと思い、「カーブス柏崎」と云う女性だけの健康体操教室に入会しました。
その後3年前の平成24年に還暦を迎えたのを記念にと思い、同年開催された「柏崎マラソン」に参加しました。

 若かりし頃のスポーツ経験と云えば、中学校時代のバレーボールだけで、陸上競技は全く経験がありませんでした。しかし、健康体操を続けているのだし走行距離も一番短い3.3㎞、「まあ走れるのではないか」と安易に考えていましたが、いざ、走ってみれば300mで口の中はカラカラ、呼吸はハアハアの状態でしたが何とか最後まで走ってしまいました。
 あまりにも苦しかったために今回で最後になるのかなと思いましたが、ここで挫折しては仲間の人たちの笑いものになるのも、悔しく恥ずかしいと思い直し、翌年25年5月開催の潮風マラソンに続き10月の第11回柏崎マラソンにも参加、今回、平成26年10月26日(日) 開催の「第12回柏崎マラソン」へ参加したことで通算5回目となりました。

 今年もゲストランナーとして有森裕子さんも参加され3.3㎞を一緒に走って下さいました。またスタート前にツーショット撮影、更にパワーをいただきこの上もない喜びの一日でした。

 今年2月に「新潟マスターズ陸上競技連盟」に入会、会員になりましたので、本年開催された「平成26年第32回新潟県マスターズ陸上競技選手権大会」に参加しました。
 来年の「平成27年第33回大会」にも参加する予定です。
 
 6月に60m走、9月に100m走の短距離にもチャレンジしましたが、大人と赤子の違いのようにまだまだです。
 大会に向け、柏崎市陸上競技協会の下條義彦さんからトレーニングの指導を受けています。
 「ゆっくりと無理をせずに」と云うように、経験の浅い私にとって適切な指導方法をとっていただいていますので、先ずは、楽しみながら始めています。
 長距離マラソンも短距離走も、参加することに意義があると考え明るく健康第一にと頑張っています。
                                               平成26年11月2日
                                               新潟賀県人会
                                                 小熊 登美子
                                                 (柏崎市在住)


写真提供:柴野三郎様

写真提供:下條義彦様

写真提供:下條義彦様
スタート前
有森裕子さんと 
スタート    ゴール
 
編集後記 
 
 10月26日(日)の柏崎マラソンの前日25日は、当会、新潟滋賀県人会の秋の行事を計画しておりましたので会員各位にもご案内をしていましたが、小熊さんのご都合は。マラソン大会に参加するためにコンディションを整えるので参加をみあわせたいとのことでした。
当会では7年前からホームページを開設しておりますので、この機会にと、マラソンにについて投稿をお願いしたところ快諾していただきました。
 掲載写真をご提供いただきました柴野三郎様、下條義彦様には素晴らしい写真をお送りくださいましたことに厚く礼申し上げます。

 HPを編集するに当たり柏崎市のサイトなどを拝見ましたが、柏崎市は陸上競技に注力しておられ、市民も積極的に参加されておられるとのことです。更にマスターズ連盟も活躍されていて市民の健康志向、福祉に役立っていうものと思われます。
          小熊さんには、ライフスポーツとしてを益々楽しまれますように・・・。