ふる里の「琵琶湖ホテル」同窓会に出席して・・・      

  私は、大津市堅田の浮見堂の近くに生まれ、琵琶湖の自然の恵を受けながら育ちました。
1983年大津商業高校を卒業後、当時大津市柳ケ崎にありました『琵琶湖ホテル』に就職。
レストランサービスを経て経理・フロントサービスとバブルの時代を忙しくも楽しく働いておりました。

 入社より8年結婚を機に退職。まだ主人が調理見習いでしたので、共に横浜・東京に住まいを移し、長男が小学校に入学を機に主人の故郷であります新潟県胎内市(旧中条町)に戻りました。

 平成10年、琵琶湖ホテルも場所を柳ケ崎から現在の浜大津に移り、桃山派風造りの昭和初期の建物とは対照的な、近代的ホテルとなりました。

 それから約25年。

 今回、当時の柳ヶ崎にあったホテル時代の同窓会をするからと、新潟の私にも連絡が届きました。
何とか家業の都合をつけさせてもらい、6月末日何年振りかに浜大津の琵琶湖ホテルへと行ってまいりました。
30年ぶりの同期の仲間、80歳を超えてもとてもお元気な上司など多くの方々とも当時の懐かしい思い出を語り・・。

 何十年もの間忘れてしまっていた記憶が蘇るとともに、これからの新潟での生活に非常に良い刺激を得ることができた故郷への旅となりました。

 そして胎内市(中条)に戻り、また忙しい毎日を送っております。
本年6月の新潟滋賀県人会の定期総会等は、会員のご当所訪問という趣旨のもと遠く我が地胎内市、会会場は家業としております「割烹 常の家」をご利用いただき開催されました。
 新潟滋賀県人会の皆様にも、いつかまたお会いできますことを楽しみにしております。

 最後に余談ですが・・・、我が次男が早稲田大学ラグビー蹴球部(五郎丸歩さんの母校)で頑張っております。何かの折に気を留めて応援していただけると大変うれしいです。

                                       2016年7月 胎内市在住 緒形博美
現在も柳ヶ崎に在る、初代琵琶湖ホテル(現びわ湖大津館)   集合写真 浜大津港脇にある現在の琵琶湖ホテル客室よりのぞむ比叡山方面。手前に見える船は[ビアンカ]